ジブン流学
× インターンシップ

What is Internship?

インターンシップとは

インターンシップは学生、社会人の方が海外で就労体験ができるプログラムです。
現地企業で就労経験を積みながら実践的な英語力を習得することができるため
就活やキャリアアップで役立つことが可能です。

様々な業種で無給、有給インターンシッププログラムが揃っており、
企業で働く現地の方から仕事を教わったり、交流することができます。

FEATURES

ジブン流学×インターンシップの
特徴

就活やキャリアアップに
活かせるプログラムが豊富

ジブン流学のインターンシップはビジネス、ホスピタリティ、飲食など実践的な就労ができる幅広いプログラムがあります。

語学留学よりも費用を
抑えることができる

語学留学では勉強がメインなのでアルバイト以外の就労経験ができませんが、インターンシップであれば就労しながら英語が身につき給料もいただけるので現地の生活費を賄うことができます。

インターンシップと課題を
組み合わせて効率アップ

インターンシップ環境を活用して目標達成に沿った課題を取り組むことでより成長することができます。

MERIT

ジブン流学×インターンシップの
メリット

より高度な実践英語を身につけることができる

インターンシップは実際に外国人のスタッフやお客様とやりとりをするので、授業では学べない実践的な英語を使用しながら身につけることができます。
インターンシップは学んだ英語をアウトプットする場面がたくさんあるので、事前に語学学校や日本で中級レベルの英語力を身につけることをオススメします。

他の留学生と差別化した経験ができる

インターンシップ中は常に主体的な行動が求められ、時には思いがけないトラブルの対応を求められることだってあります。
しかし、これらの対応することで実際、就職に必要な主体性や対応力などに活かすことができます。
そのため他の留学生と比べて貴重な経験ができるので就活などに有利です

語学以外に企業が求めるスキルを
身につけることができる

企業は英語力よりも主体性や論理的思考力、協調性などといったコンピテンシースキルを求めています。
インターンシップでは語学以外にも終了経験を通してコンピテンシースキルを身につけることができるので十分アピールすることができます。

TYPE

ジブン流学×インターンシップの
種類

ホテルインターンシップ

ワーキングホリデービザを使用して現地のホテルや観光地のレストランで有給インターンシップに参加することができます。
日本人参加者も少なく幅広い国籍の方が参加されるので仕事もプライベートも英語環境で生活することができます。

カナダ

カナダのホテルインターンシップではオーロラで有名なイエローナイフと絶景が多くあるバンフで就労経験することができます。
毎年、世界から多くの観光客が訪れるので外国人で町は賑わいます。
また週末はアウトドアや観光などとカナダで非日常な体験ができます。
期間は最低4カ月以上なので中期、長期を希望される方にオススメです。

給料
15~20万円/月
英語力
TOIEC500点以上
インターン職種例
お土産屋、ウェイター、フロントスタッフ、ドアマン、ハウスキーピング

オーストラリア

オーストラリアのホテルインターンシップは主にホテルやリゾートで就労します。
派遣先はグレートバリアリーフ、シドニー、タスマニア、エアーズロックなど様々です。
期間は3、6、9カ月と選べるので短期を希望される方も参加可能です。
またオーストラリアはヨーロピアンの参加者が多く枠にも限りがあるので中級レベルの英語力があると好ましいです。

給料
16~20万円/月
英語力
中級レベルの英語力(TOIEC650程度)
インターン職種例
フロント、ベルボーイ、調理師、ガイド、キッチンハンド、ウェイター、ハウスキーピング

アメリカ有給インターンシップ

J-1ビザを用いてアメリカの現地企業で就労経験をするプログラムです。
勉強や体験より就労の面が強く、12カ月から最長18カ月の長期インターンシップなのでより深い経験や知識を得ることができます。

特徴

最長18カ月の就労が可能
アメリカのビジネス現場で就業経験を積むことができる。
豊富な研修先リストから業種、職種を選ぶことができる。
給料が出るので生活費を補助することができる。
社会人経験やTOIEC750点レベルの英語力が求められる。
キャリアアップを視野に入れた社会人にオススメ。

Co-op プログラム

Co-opとは学生ビザを用いて前半を座学、後半をカナダの現地企業で有給インターンシップとして就労する長期プログラムになります。
アメリカのように社会人経験が必要ないので必要な英語力を満たせば学生でも参加することが可能です。
業種も広告、貿易、IT、メーカーなど幅広く揃っています。

特徴

社会人経験が必要ないので大学生でも参加可能
現地の生活費用を抑えることができる
学んだ分野で就労経験ができる
帰国後の就職に役立つ

EXPERIENCES

体験談

出版インターンシップ参加

Nozomiさん

インターンシップのきっかけ:もともとアメリカには一年間の留学のために来ていました。カリフォルニア州で語学学校に通っていた3ヶ月目頃から、環境を変えて英語を使って何かしたいと思い始めたんです。

観光インターンシップ参加

Shintaroさん

インターンシップのきっかけ:10ヶ月間休学してサンフランシスコで語学留学したんです。それ以来アメリカにもっと興味を持ち、いつか必ず今度は社会人として再挑戦しに西海岸に戻ってきたいと思ったのがきっかけです。

アパレルインターンシップ参加

Makotoさん

インターンシップのきっかけ:海外を一人で旅をすることが好きで、大学在学中にひとりでバックパックで東南アジアを周っていました。そして、卒業後は世界一周を目指し、資金を貯めていました。

Q and A

Q&A

配属先は希望することはできますか?
ご希望の配属先を優先することはできます。
しかし経験や英語力に応じてご希望に沿えないこともあります。
参加条件はありますか?
国、プログラムによって参加条件は異なりますがインターンシップでは
実践的な英語を使う場面が多くあるので中級レベル以上の英語力(TOIEC650~程度)があると好ましいです。詳しくは各プログラムの詳細ページをご確認ください。
面接はどの様に行われますか?
面接はSkype、zoomを通してオンライン上で行われます。
インターンシップ中に企業を変更する事は可能ですか。
状況や理由によりインターンシップ先の企業を変更する事ができる場合があります。
詳しくは担当カウンセラーまでご連絡ください。
どんな業務に携わることができますか?
初めは雑務やネイティブの方のサポートを通して基礎的な業務を把握します。
慣れてきたり、仕事を評価されると様々な業務に携わることができます。
未経験でも参加できますか?
未経験の方でも参加することは可能です。
ただしアメリカのJ-1プログラムのように実務経験が求められるものもあります。
MORE